日本の影響を受け続けているタイ

日本企業にはタイのビジネスマーケットが最適.

深い歴史と多様な文化、経済発展が著しいタイやASEAN諸国は、旅行先としても最適でしょう。タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナム、フィリピン、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ブルネイを含むASEANは、2030年までに7億人の人口を抱える世界第4位の経済圏にまで成長する可能性があると考えられています。

それゆえ、多くの日本企業や団体がタイを含むASEAN諸国への進出を計画するのは自然な流れと言えるでしょう。JETROによると、既に13,000以上もの日本企業がタイやASEANへの事業進出を果たし、様々な産業に何十億もの投資をしています。多くの企業が事業を成功させた一方で、文化、言語、法律、政治的背景、経済格差等の理由で、未だに事業拡大に踏み込めていない地域があることも事実です。

私たちは、タイこそがASEAN諸国への進出を考える日本企業や起業家にとって最適なスタート地だと考えています。それは、タイのビジネス、産業、社会情勢が、過去20〜30年にわたり日本の影響を大きく受けていることにあります。タイなら新しく企業が参入し利益を得るためのインフラ基盤が既に投資に成功している先駆企業により整えられているのです。

しかしながら、適切なガイダンスにがなければ、タイやASEANでの成功は決して容易ではありません。これまで弊社は、様々な規模や業種のローカル企業や起業家と仕事をし、多くの企業がビジネス、法律、技術の分野で苦戦している姿を目の当たりにしてきました。それらの企業は、進出先の地域で本当に必要とするサービスを提供されていなかったのです。

そこでIDGでは、弊社オリジナルの一社完結型のトータルソリューションサービスをパッケージで提供し、タイやASEAN諸国への進出や事業拡大を検討されている日本企業や起業家の皆様を対象に、進出地域での事業の成功を最大限に引き出すお手伝いをいたします。

日本企業がタイに進出する際

弊社のサービスが選ばれる理由.

今すぐ無料のコンサルティングをお受けください

日本企業様のタイ進出をワンストップでサポート致します

お問い合わせをする
(070) 3784-8418